百年以上前の「道後温泉本館」営業しながら改修の姿に心打た。     

先日のお正月、コロナがすこし落ち着きを見せたこともあり、2年ぶりに松山への帰省です。

久しぶりに実家に戻り、いつも通るコースの道後温泉本館を目指しました。


道後温泉本館(国の重要文化財として保存されつつ現役で営業を続けています)

 

突然、見慣れた風景の中に目を疑うような風景が飛び込んできました。

道後温泉本館がえらい様変わりを見せています。



幾たびも保存修理はされていたが、120年前の建物を営業しながら保存処理工事し工事用仮囲いにアーティストによる驚く建造物に姿を変えています。


素材・色調・デザインやダイナミックな光景は古い歴史と新しいデザインとのコラボで工事の面白さが伝わってきます。


たくさんの人たちに慕われる建物が地元にあり、いろいろな光景に見慣れた風景と重なり合って建築の魅力に改めて心打たれました。